介護士のための排泄ケア

介護現場で役に立つ排泄ケアについて基礎から紹介していきます。

介護職の賃金を上げるためには?

 

こんにちわ!

ちくわです。

 

 

来年は介護保険の改定がありますね。

少し調べてみるとすでにいろいろと決まっていることもあるみたいです。

 

中でも介護職に大きく関わってくる内容といえば

介護報酬の引き下げだと思います。

 

事業所の収入がダウンすれば、

職員の給料もダウンしてしまうかもしれませんよね。

 

ただでさえ少ない給料なのに、まだ下げる気か!

なんて言いたくなりますが、

今日はどうすれば介護職の給料が上がるかなぁ?

と考えてみたいと思います。

 

 

 

 

単刀直入に言えば、今の状態では絶対に給料は上がんないでしょうね。

 

介護保険云々など、制度の難しい話は僕にはわかりませんが、

単純に介護職が専門職として認められていない。

というところが問題だと思います。

 

介護職の主な仕事として世間のイメージは

「食事・排泄・入浴」ですよね。

 

現場で働いている人は

「介護の仕事はそれだけじゃない!」

「人生の最期に寄り添うことが出来るすばらしい仕事だ!」

とよく言います。

 

確かにその人らしい最期を迎えるためのお手伝いが出来るすばらしい仕事だと思います。

でも、それは現場にいる人間にしかわからないことなんですよね。

 

 

いつも僕が考えていることは

世間のイメージである、「食事・排泄・入浴」

ちゃんと出来ているのかな?

 ということです。

 

 

その人にあった食事形態やその人の好み、食べたい時間帯、、、

完全に把握出来ている人は少ないんじゃないでしょうか。

 

 

食事のことは栄養士や歯科衛生士、STなどに任せたほうがいい。

そんな考えになっていること多くないですか?

 

 

排泄も、きちんとしたパッドの当て方をご存知ですか?

製品の正しい選び方、排尿障害の把握、アセスメントの方法、、、

 

入浴も、とにかく時間との戦い。

何人を何時間以内にいれなければいけない!

快適な入浴、羞恥心の配慮できていますか?

 

知っているようで知らない。

出来ているようで出来ていないことって多くないですか?

 

 

世間のイメージが

食事を食べさせるだけ。

オムツを替えるだけ。

風呂に入れるだけ。

誰にでも出来る仕事。

と思われているのであれば、こちら側がそれを受け入れ、

これだけ高度なことをやっているんだ!

というものを外に出していかなければイメージは変わらないのではないでしょうか。

 

 

世間のイメージが変わらなければ、介護職の給料アップも遠くなっていくと思います。