介護士のための排泄ケア

介護現場で役に立つ排泄ケアについて基礎から紹介していきます。

業務改善!排泄会議を行なうメリット。

 

ちくわです。

 

 

あなたの施設では「排泄介助」をどのように決めてますか?

施設の決まった時間に当てはめてますか?

誰か担当者が個別に考えてますか?

 

いろいろな方法があると思います。

 

 

今日は現在私が働く施設で行なっている

施設全体で取り組む「排泄会議」について話してみようと思います。

 

 

1、排泄会議とは

 単純に言えば、排泄のことのみに焦点を置いた会議のことです。

 

何を話し合うのー?

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

うちの施設ではメーカーのアドバイザーと私が軸になり、

職員へ排泄ケアの指導をしているような感じです。

 

実際にその施設の利用者を事例に、

どのようなケアが最適なのかを個別に考えていきます。

 

大体月1回のペースで行なっています。

 

 

2、アセスメント 

排泄会議では利用者のアセスメントも行います。

 

会議までに入居者の情報を集め、職員全体でケアを確定し、

モニタリングを行い、評価をする。

 

 

この流れで、入居者一人一人を丁寧にじっくりと アセスメントし、

最適なケアを探っていきます。

 

 

3、排泄ばかり考えても・・・

 

施設では日々、いろいろな業務に追われていると思います。

そんな中で排泄に特化して、会議まで行なう暇なんてないわ!

という声もちらほら聞こえてくるのも事実です。

 

僕の個人的な意見ではありますが、

「業務一つ一つは別の物ではなく、全て繋がっている」

と思います。

 

 

今まで一日8回トイレに座っていたけど

アセスメントの結果、一日5回になった!!

 

となると、トイレ誘導3回分の時間が余ったから

他のことが出来る!

 

こんな感じでいろいろな面で改善されていくと思います。

 

 

4、さいごに

 

すごく簡単な説明でしたが、排泄会議を行なうことで、

排泄ケアはもちろん、他の業務改善もすすんでいくのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

良いケアをすればコストは下がる!!!

 

ちくわです。

 

 

今日は僕が大事にしている考え方についてお話させていただきたいと思います。

 

 

介護には人の数だけ考え方があると思いますし、

正解というのはないと思っています。

 

参考までに聞き流してみてください。笑

 

 

 

「良いケアをするとコストが下がる。

悪いケアをするとコストが上がる。」

 

という考え方を僕は大切にしています。

 

 

具体的にどういうこと?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

コストというのは「金銭面」と「介護者の負担」と考えています。

 

金銭面はそのままの意味です。

良いケアをすれば、お金が節約できるし、

悪いケアをすれば逆にお金がかかりますよー!

ってことです。

 

 

介護者の負担とは、

目先のことばかりを気にして楽をしてしまうと

後からしんどくなるよってことです。

 

 

排泄を例にして説明します。

「男性でオムツ触りがあって尿漏れがひどい!

だからパッドを何枚も重ねてガチガチに固めてしまおう!」

 

あらためて例に挙げる最悪なケアだなぁ

と思いますが、こういったケアは意外と多々みられると思います。

 

このケアでは確かに尿漏れは防げるかもしれません。

 

でも、長い目でみればどうでしょうか。

 

パッドを何枚も重ねることでオムツ内が蒸れて皮膚トラブルにつながり、

痒みが増してオムツ触りが酷くなる。

そして褥創などが出来てパッド交換の度に薬を塗らなけれならない。

それでも褥創は治らなければ、パッド交換の回数を増やすしかない、、、

 

考えただけでも悲惨ですよね。

介護者の負担が増大します。

なにより一番つらいのはお年寄りだなぁとも思います。

 

 

 

「良いケア」と漠然としていますが、

正しい知識で横着せずにケアをしていれば、

お年寄りにとっても介護者にとっても良い方向に向かっていくと僕は信じています。

 

 

 

 

アセスメントのために!尿測のやり方!

 

ちくわです。

 

 

排泄ケアをすすめていく上で重要なのは

正しい情報収集です!

 

今日は情報収集の一つ、尿測について考えてみたいと思います。

 

 

1.尿測で読み取れる情報!

尿測をすることでわかる情報は単に一日の尿量だけではありません!

 

排尿のある時間帯、膀胱に尿を溜められているか、一回の排尿量はどれくらいか、などです!

 

何時にトイレ誘導をしたらいいのか、パッド交換をしたらいいのかがわかりますね。

 

 

2.最低でも3日間!

尿測を実施する期間ですが、最低でも3日間はしましょう!

出来れば1週間は望ましいです。

 

 

3.さいごに

 

尿測以外にも集めるべき情報はたくさんあります。

しっかり情報を集めておけば、アセスメントがしやすいです!

 

 

 

価値観の押し付け?知識は正しく使いたい。

 

ちくわです。

 

 

排泄ケアの知識を増やしても、一番忘れてはいけないことは

誰のための介護なのかということです。

 

 

今日はケアをしていく上で重要なことについて考えていきたいと思います。

 

 

1.主役はお年寄り

排泄ケアの勉強をしていると、だんだんとこだわりが強くなっていきます。

 

こんなケアがお年寄りにとって良いんだ!

こんな状態を作らなきゃいけないんだ!

 

選ぶのは全てお年寄り本人です。

 

 

2.価値観の押し付け?

 

上に書いたように、こだわりが強くなってくると視野がせまくなってきます。

当然職員同士の意見の違いも出てくると思います。

 

価値観の押し付けにならないように注意したいですね。

 

 

3.さいごに

 

僕が最近気をつけていることです。

 

 

 

 

 

 

一から考え直す!排泄の基本

 

ちくわです。

 

 

今日は排泄ケアの基本中の基本の話をしたいと思います。

 

 

1.僕たちが人前で漏らしたらどうする?

 

まず考えたいのは、僕たちが人前でうんちやおしっこを漏らしたら

どう思うか!ということです。

 

僕はとにかく恥ずかしいです。

恥ずかしくてたまらない。

もし職場で漏らしたりしたら、その職場には次の日から出勤しません!!

それくらい恥ずかしいことだと思います。

 

 

2.認知症なら大丈夫?

認知症のお年寄りであれば、人前で漏らしても平気なのでしょうか?

 

それは違うと思います。

 

お年寄りも本当はトイレでの排泄できたほうが気持ちがいいと思います。

 

 

3.尊厳と清潔を守りたい。

今回一番伝えたいことは、

お年寄りの尊厳と清潔を守ることが一番重要なのではないか!

ということです。

 

漏らしてしまった!!

と思わせることで、尊厳が守られていないのではないか?

 

パッドをつけていても、

服は汚れなくてもお年寄りの体は汚れているのではないか?

 

 

4.さいごに

最近仕事やこのブログを書くことで排泄ケアの基本とはなんなのか。

と改めて考え直させられることが多いです。

 

常に白か黒かとはっきりした答えを求めてきましたが、

介護には答えはないのかなぁと最近思っています。

 

それでもこれだけは譲れない!ということを

今回ブログにしてみました。

 

 

 

 

知らなきゃ恥ずかしい!オムツの当て方!

 

ちくわです!

 

 

テープ留めのオムツの当て方ってきちんと習ったことありますか?

結構自己流で当てている方をよく見かけます。

 

今日は分かりにくいかもしれませんが、

正しいテープ留めオムツの当て方を紹介したいと思います。

 

 

1.体にあったサイズを!

まず体にあったサイズを使用しなければ、

どれだけキレイに当てても意味がありません。

 

大きければズレるし、

小さければ当てられないし・・・

 

まず最初にサイズを確認しましょう。

 

 

2.ソケイ部にしっかり沿わす!

オムツをお尻の下に敷いてテープを留めたらオッケー!

と思ってませんか?

 

テープを留める前に確認してほしいのが、

オムツが足の付け根(ソケイ部)にしっかり沿っているかです!

 

キチンと当てたつもりでも、

前側が多かったり、後側多かったりします。

 

ソケイ部にしっかり沿わせ、前と後が均等になるように当てるのがベストです!

 

 

3.テープの留め方にも順番がある!

 

テープの留める順番があるってご存知でしたか?

実はあるんです!!

 

それは、

下二つを留めてから上二つ!

 

 

簡単に理由を言うと、そうしないとズレるからです。

 

下二つのテープは足の付け根、ソケイ部にしっかり固定させる役割があります。

上二つのテープは腰骨にひっかけズレないように固定させます。

 

下と上で役割が分かれているため、

順番が下から上と決まっているんです!

 

 

4.さいごに

今回は画像がなくて分かりにくかったかもしれません。

申し訳ないです。

ここが分かりにくい!って思った方は

コメント欄にお願いします。

 

 

 

5分でわかる!陰部の清潔を守るために

 

ちくわです。

 

 

陰部の清潔を保つ!

ってよく言われることですが、

実際どうやったらいいのかわかりにくくないですか?

 

今日は僕が思う、陰部の清潔保持について考えてみたいと思います。

 

 

1.基本的には僕たちの生活を基準に考える。

僕たちは毎日必ずお風呂に入ります。(入らない日もありますが、、)

トイレに座る度にトイレットペーパーで陰部を拭きます。

 

これを基準にお年寄りにも当てはめるとわかりやすいと思います。

 

施設など、介助を受けている方は

毎日お風呂に入ることは難しいです。

 

お風呂が厳しいのであれば、

トイレで陰部洗浄をしましょう。

一日一回石鹸でキレイに洗ったほうが良いです!

 

トイレに座る度に温かい濡れタオルで拭きましょう!

擦るのではなく、たたき拭きです!

 

 

2,便が出たら必ず洗い流す!

 

このブログでも何度も言っていますが、

便は細菌の塊です!!

 

便が出たら必ず石鹸で洗い流したほうが良いです!

 

 

3.石鹸の使いすぎに注意。

 

石鹸は体の油まで流してしまいます。

 

皮膚を守っている油分まで流してしまうと

皮膚がカサカサになったり、

荒れてしまう原因になるため、

洗いすぎにも注意です。

 

4.さいごに

陰部の清潔を保たないと、

尿路感染などに繋がるため気をつけましょう。